いま、思っていること

来年、今の職場を離れて沖縄へ移住することが決まった。自分の置かれた環境を変えたいと具体的に考えるようになったのは去年のことで、それまで悶々としていたけれど、ようやく話が具体的な方向へと進んできた。喜ばしいことだ。様々な準備が整い始めると、浮き足立っていた心が徐々に落ち着いてくる。そうなると今度は至らない点や、蓋をしていた箇所が目に入るようになってきて、再び慌ただしい気持ちになってくる。

よくよく考えてみると、今まで本当に落ち着いたことなんてなかったんじゃないかな。常に所在のなさをどこかに抱えていて、時にそれを誤魔化すように大口を叩き、あるいは自分の気持ちに他人の顔してとりすまし、そして大体はなかったことにして何かに逃げていた。そんなやり方が自分の体に染み付いてしまっていた。とても情けなく思う。

それに限界を感じて環境を変えることにしたのだけど、それは問題と――そして自分と――向き合うこととも同義だ。そんなワケで、最近のぼくは問題改善のための第一歩を踏み始め、いささか不安定だ。物事が進めば喜んで、新たな課題に直面してバタバタする。少し体調もおかしい。だけどまあ、これも今まで溜め込んできた種々のツケなのかもしれない。

そんなプラスとマイナスが混じり合ったある種の充実感を覚えていると、時たま視野狭窄に陥っていることに気付く。いつの間にか「沖縄へ移住すること」を目的としている自分が見え隠れするからだ。移住したからといって問題が解決するわけではない。むしろ、移住したあとにどう行動するかが重要なのだ。移住は手段であって目的ではない。たまに湧き上がる不安をノートに吐き出してみると、こういうズレがよく分かる。だから自分で自分にインタビューするような感覚で、出来るだけ客観的にズレを矯正してやる。

このまえ歯医者で歯磨きの指導を受けて、教わった方法で歯を磨くようにしているのだけど、その度に嬉しくなる。なぜなら、こういう日常的で些細なことほど「自分(の生活)を良くしていくぞ!」という気持ちがないと新しい方法が持続しないと思うからだ。だから、歯を磨く度に自分が前を向いていることを確認できるような気がして嬉しくなる。

今の自分を認めることは、過去を許して未来に希望を持つことだと思った。情けない過去も自分を変えるための踏み台になる。そして恐らく、沖縄へ行ったら今より大きな不安に直面することになるはずだ。だけどその不安にこそ希望が隠されているのだと思えば、少しだけ勇気が湧いてくる。そんな気がする。