バカは多読をやめろ

はじめに

前回の記事を書いて大いに反省しまして。

iria.hatenablog.com

というのも、自分のためになるだろうと思って本を読んでいるのに、いざ思考を進めると本で得た知識を全く活用できていないことに気がついたから。前回は最終的に本を切っ掛けにして思索出来たけれど、その切っ掛けにたどり着くまでに相当な時間を費やしてしまった。ここが問題。読書活動で得られた知識は、記憶の引き出しにしまわれたまま取り出されずにいる。引き出しにしまわれているのかさえ怪しい。これは、ぼくの読書とは、時間の無駄ではないのか。というか、ぼくはバカじゃないのか。

今回はこの問題について一冊取り上げて自己を省みようと思うのだが、一つだけ前置きを。

読書には二種類あると考える。それが<娯楽のための読書>と<思索のための読書>だ。ぼくはいちおう趣味と呼べる程度には本に親しんでいるけれど、その内だいたい7割は大衆小説だ。触れる書物の7割が大衆小説ということは、ぼくの読書活動の7割は<娯楽のための読書>だと言える。残る3割が新書や自己啓発書などで、つまり<思索のための読書>である。そして今回、ぼくが問題として取り上げるのは<思索のための読書>についてだ。

では本題へ入ろう。

ショーペンハウアー著『読書について』

<思索のための読書>について考えるにあたって、一冊参考にしたい本がある。それがドイツの哲学者、ショーペンハウアーの書いた『読書について』だ。

読書について (光文社古典新訳文庫)

読書について (光文社古典新訳文庫)

 

 これがまたとんでもなく意識の高い本で、なんせ「世界に光をもたらし、人類の進歩をうながす人」を目指すべく書かれているのね。全体を通して高圧的でかなり説教臭い上にところどころ愚痴めいたものまで入ってくるので、読みながらだんだんと気が滅入ってくる。だけどそのぶん、軽妙な比喩と様々な教えが詰め込まれた興味深い本だ。そんな同書の基本姿勢を一言で表したのが次の言葉。

読書しているとき、私たちの頭は他人の思想が駆けめぐる運動場にすぎない。

光文社古典新訳文庫『読書について』より

これはつまり、読書をしている間は知識が入ってくるので頭が良くなった気になるけど、その知識を咀嚼して自分の物にしないと意味がないですよ、ということ。ショーペンハウアーは本書でこのことについて言葉を変えて何度も言及してくる。同様に、多読についても次のように述べている。

重圧を与え続けると、バネの弾力がなくなるように、多読に走ると、精神のしなやかさが奪われる。自分の考えを持ちたくなければ、その絶対確実な方法は、一分でも空き時間ができたら、すぐさま本を手に取ることだ

光文社古典新訳文庫『読書について』より

ここだけ切り抜くとまるで「本を読むな!」と言ってるように聞こえるけど、そういうことではなく、本書は読書を思索の切っ掛けとして捉えるものだ。つまり<思索のための読書>だ。そして、多読はそれを阻害するということだ。言ってみれば当たり前のことではあるけれど、これを意識できている人は意外と少ないのではないだろうか?だからこそこの様な警句が存在するわけで。そして言うまでもなく、ぼくは多読により思考停止しているバカである。

ここで一つ注釈が必要になる。上記のとおりショーペンハウアーは多読を嫌悪しているけれど、多読により学者や物知りにはなれるとは言っている。つまり知識そのものは記憶できると言っているのだ。彼が目指しているのはそこではなく、書物から得られた知識を自分の中で昇華し、知識のその先にあるなんらかの真実を読みとるところにある。彼は哲学者であるからこの姿勢は当然と言えるが、ぼくのようなバカが目指すべきはもっとレベルの低い「バカからの脱却」である。

バカからの脱却、知識を「実践」する

そもそもの出発点に戻ると、今回ぼくが問題として挙げているのは「本で得た知識をうまく活用できていない」ところにある。ショーペンハウアーが罵倒するところの学者以下ってことだ。実際ただの会社員だしな。では、知識をうまく活用するにはどうするべきか?これはもう月並みな言葉になるけど、実践するしかないんじゃないかと思う。では、実践とはなにか。

言葉どおりの意味なら実践とはズバリ実行することだ。しかし知識を実践するには手順があると考える。以下に箇条書きで示そう

  1. 知識を「覚える」こと
  2. 覚えた仮説(知識)を「検証」すること
  3. 検証した結果を「反復」すること

以上がぼくの考える「実践」である。一つずつ解説していこう。

①知識を「覚える」こと

物事を覚えるにはよほどの記憶能力を持っていない限り、本を読むだけでは難しい。ここでも例によってショーペンハウアーを引用する。

考えがいま頭の中にあるということは、恋人が目の前にいるようなものだ。(中略)だが「去る者は日々に疎し」だ。どんなにすばらしい考えも、書きとめておかないと、忘れてしまい、取り返しがつかなくなる危険がある。恋人も結婚でつなぎとめておかないと、永遠に去ってしまうおそれがある。

光文社古典新訳文庫『読書について』より

ノートにメモする、単純な話だ。これは忘れないための警句だが、忘れないとは覚えることでもある。そしてこれが大事なところだが、この段階では知識はただの仮説でしかなく、未だ漠然としたままの状態だ。

②覚えた仮説(知識)を「検証」すること

これは前回の記事を例にすると、思索がうまくいかないという問題に対して「問いの設定自体が悪い」という仮説(知識)を当てはめてみた。その結果、思索を進めることができた。これは仮説の有用性が証明されたということだ。この手順を経て初めて知識は実体を帯びてくる。実感すると言ってもいいだろう。

③検証した結果を「反復」すること

②で仮説が証明されたので、今度はその知識を何度も反復する。存分に活用していくのだ。そうすることで本から得た知識が自分の中に根ざし、新たな発想の糧となる。そして三つの手順の中でも、とりわけこの「反復」の行程が重要だと思われる。なぜなら覚えるためにノートにメモしても、仮説を証明するために検証しても、それら一度きりではやはり忘れてしまうからだ。スポーツが練習という反復で型を体に定着させるように、知識も反復することで頭に定着する。

バカは考えないからバカなのだ

以上が「実践」の内訳だ。そしてこれはまるまる「思索」と言い換えることができるのではないだろうか。つまり<思索のための読書>には思索が必要なのである。本を読むだけでは思索にならない、ショーペンハウアーの言うとおりだね。これをバカに向けて言い直すと「考えないからバカなのだ」ということになる。

これが今回の結論。なんだかどっと疲れた。

おわりに

この結論、読書を趣味としている人の中には耳が痛い人もいるんじゃないだろうか。「自分のためになるだろうと思って本を読んでいる」ぼくは、例えるなら「穴の空いたリュックに非常食を詰めている人」みたいだ。

多読は思索の妨げになる。ならば読書量を減らして思索の時間を増やすしかない。バカが嫌なら足りない脳みそで考えるしかない。

以上を踏まえて表題に付け加えるとこうなる。

「バカは多読をやめろ。その代わり少ない本から得た知識で考えろ」

それでは。